一日の流れ

一日の流れ

グループホームの特長

みんなで“なごみ”の空間を楽しむ

  • 自宅で生活された時と同じように暮らしていただけるよう支援します。
  • 出来る限り季節感のある行事を行い、地域行事へ参加しています。
  • 松田病院や、併設の訪問看護ステーションとの連携により、安心・安全に努めます。

思い出作りのために、レクリエーションを充実

レクリエーション
  • 自然いっぱいの菜園作り
  • ボランティアによるショー
    └ 民謡・日舞・フラダンス・オカリナ・大正琴・落語会・チェロ・陶芸・三味線・銭太鼓・水彩画など
  • その他、楽しめるレクリエーション満載
    └ 淡路島ドライブ・須磨水族園・よかたん温泉・寿司パーティー・おやつ作りなど
年間行事から

陶芸教室

流しそうめん

たこ焼きづくり

回転寿司

須磨水族園

淡路旅行

日々の日課
  • 朝のラジオ体操、歌謡曲に合わせた体操
  • 機能訓練
  • バイタル(血圧・脈拍)測定
  • 嚥下体操(食事の前)
その他
  • 誕生日会

ページの先頭に戻る

レクリエーションのご紹介

レクリエーション

ページの先頭に戻る

園芸療法

園芸療法

園芸療法とは、“花と緑で人を癒す”療法です。

いいかえると、草花や野菜などの園芸植物や、身の回りにある自然とのかかわりを通して、心の健康、体の健康、社会生活における健康の回復を図る療法といえます。

園芸には、感じる、(植物と)過ごす、育てる、採る、利用するなど、多くの人の興味をひき、楽しみながら精神や身体を刺激する要素、社会的健康を育む要素が含まれています。

その結果、ストレス軽減、意欲回復、認知機能の維持・向上、日常生活に必要な能力の維持・向上、社会性の向上、生活の質の維持・向上など、いろいろな健康上の効果が期待でき、療法となりうるのです。


日本老年精神医学会で、研究成果の発表によると、認知症患者25人、健常者20人の脳の血流を調べたところ、認知症患者は健常者と同様、

  1. (1)手を使って土を混ぜる
  2. (2)土を鉢に入れる
  3. (3)鉢に花を植える

庭・畑


以上のすべての行為で血流が上がったとのことです。

特に、(1)の行為で脳が活発に活動することが分かり、「土を混ぜる作業は視覚と触覚を同時に働かすので大きな刺激になる」とされています。

ページの先頭に戻る

利用料金PDFダウンロード

基本利用料金

  入居費 300,000円
月額 家賃 90,000円
光熱費・共益費 25,000円
食材料費 30,000円
月額合計 145,000円
その他

【有料サービス費用自己負担】

  • 理容・美容費
  • 医療費
  • 紙おむつ代
  • 個人的消耗品
  • 野外活動の際の実費
  • 外出した時の食事代・交通費
  • 外部業者に出されたクリーニング代 など

入居金について

  • 退去時、居室の現状復帰(補修等)代に使用し、残金はお返しします。

月額利用料について

  • 食材料費の内、ご利用にならなかった分は返金します。
  • 人件費や諸経費、物価変動があった場合やご提供するサービスの形態に変更があった場合などには、ご入居者様やご家族の皆様に十分にご説明させていただいた上で改定することがあります。

介護保険利用者負担額(平成27年4月改訂時)

要介護度 1ヶ月 = 30日の場合
要支援2 23,520円
要介護度1 23,640円
要介護度2 24,750円
要介護度3 25,550円
要介護度4 26,010円
要介護度5 26,520円

介護保険利用負担額について

  • 基本料金に加え、介護保険1割負担が必要になります。

認知症をやわらげるコツ 10か条PDFダウンロード

  • 独りぼっちにしないで、話し相手がいる事。
  • 出番や役割があって、生きがいのある事。
  • 周りから必要とされているという実感がある事。
  • 適度な心地よい刺激がある事。
  • 住み慣れた、くつろげる、家庭のような環境にいる事。
  • 日中は、私服に着替え、場合によってはオシャレをし活動的に過ごし、夜はぐっすり眠る事。
  • 急激な環境の変化やストレスを避ける事。
  • 自分のやりたいことが自由にできる事。
  • 薬は必要最小限にとどめる事。
  • 適度な運動で体力をつける事。