内視鏡室開設のご案内

1. 当院2階に内視鏡室が開設されました。

飛躍的な内視鏡検査件数の増加により従来の内視鏡室が手狭になったことに加え、腫瘍の切除を始めとする治療の比重が増し、より高度な設備が必要となったことが、その主たる理由です。

特に、当院の内視鏡検査のコンセプトは、「患者様本位の苦痛の少ない胃と大腸の内視鏡検査」であります。

これを実現するためには、患者さんに合わせた鎮痛剤の適正使用と検査後患者さんが身体を休めるリカバリーを設けるなど、できるだけ苦痛が抑えられるよう配慮をしてまいります。

1. 内視鏡室内
1. 内視鏡室内

2. よりリラックスして頂く環境

検査までの時間をリラックスして過ごしていただく静養室、鎮静剤(眠たくなるお薬)を使った患者様に休んで頂くリカバリーを用意しております。

2. 静養室 2. リカバリー
2. 静養室 2. リカバリー

3. 内視鏡機器の徹底管理

当院では経口内視鏡2本・経鼻内視鏡2本・大腸用内視鏡2本・泌尿器用内視鏡1本があり、多様なニーズに対応致します。電解酸性水を用いた内視鏡専用の洗浄機で殺菌消毒を行なっています。

その後、内視鏡用の収納庫で保管しています。またカメラ1本1本の洗浄記録をつけるなどをして、徹底した衛生管理を行なっています。

3. 内視鏡用洗浄機 3. 内視鏡用乾燥庫
3. 内視鏡用洗浄機 3. 内視鏡用収納庫

内視鏡治療の流れ

ESD(内視鏡的粘膜切除術;Endoscopic submucosal dissection)

早期がんに対して行われている内視鏡治療の方法です。開腹手術をする必要がなく、入院日数が短期間ですみ表面の皮膚も切開しないので、患者様への負担が軽減できます。

従来の外科治療に代わる新しい治療法として注目されています。

ESD(内視鏡的粘膜切除術;Endoscopic submucosal dissection)図1

1.マーキング

口から内視鏡を入れて、がんの周りに切り取る範囲の目印をつける。

ESD(内視鏡的粘膜切除術;Endoscopic submucosal dissection)図2

2.局注

粘膜下層というところにお薬を入れてがんを浮かせた状態にします。

ESD(内視鏡的粘膜切除術;Endoscopic submucosal dissection)図3

3.剥離(はくり)・切除

専用の器具でがんを少しずつ慎重にはぎとり切除します。

その後必要に応じた止血処置などを行います。

FICE(Flexible Spectral Imaging Color Enhancement)

当院では最新の内視鏡システムを導入しております。

内視鏡画像を特殊な光を用いて病変などを見やすくする技術「FICE」を用いて、病変の早期発見と診断の向上に努めております。

詳しくはこちら →http://www.nisco-net.co.jp/medical/fice/

FICE(Flexible Spectral Imaging Color Enhancement)図1

1.通常の内視鏡画像

FICE(Flexible Spectral Imaging Color Enhancement)図2

2.FICEを用いた内視鏡画像

右図の赤丸の箇所、赤黒くなっている部分が早期がん

内視鏡的ポリペクトミー

発生したポリープに対し、内視鏡を用いてその基部にスネアと呼ばれる輪をかけスネアに高周波電流を通電して切除する方法です。

スネアはポリープの茎にかけるので、対象となるのは有茎性ポリープと呼ばれる茎を有したポリープです。

切除したポリープは更に詳しい検査により良性・悪性の診断を行います。

内視鏡的ポリペクトミー図1 ポリープにスネアと呼ばれる針金の輪をかけます
内視鏡的ポリペクトミー図2 ポリープの茎を締めて、高周波で切除します
内視鏡的ポリペクトミー図3 吸い込んだり、図のように鉗子と呼ばれる器具で病変部を回収して終了です

内視鏡的粘膜切除術(EMR)

ポリープの粘膜下に注入液を注入し、人工的にポリープをつくり、ポリペクトミーの要領で病変部ごと粘膜を切除する方法です。

内視鏡的粘膜切除術(EMR)図1 ポリープ全体が下から膨らむように注入液を入れていきます
内視鏡的粘膜切除術(EMR)図2 スネアをポリープの周囲に広げ、病変をチューブ内に吸引しながらスネアでポリープを締めます
内視鏡的粘膜切除術(EMR)図3 スネアを動かして、必要以上に締めていないことを確認し、高周波で切除します

アルゴンプラズマ凝固法

内視鏡を使って、アルゴンガスと高周波電流を利用し組織に触れないで表面を凝固します。

止血の処置や腫瘍焼灼にも使用されます。

利点は、短時間で広範囲を治療できる事や表面だけ治療するので穿孔の可能性が少なく、安全性が高いことです。

内視鏡的ポリペクトミー図1 病変部にレーザーの照準を合わせます
内視鏡的ポリペクトミー図2 レーザーを照射し、病変部を焼却します

ページの先頭へ戻る