在宅地域連携

HOME REGIONAL COOPERATION

地域包括ケア病棟のご案内

REGIONAL COMPREHENSIVE CARE

地域包括ケア病棟とは

急性期治療を経過し、病状が安定した患者さんに対して、
在宅や介護施設への復帰支援を行う病棟です。

平成29年5月より「地域包括ケア病棟」となりました。 急性期病院を退院したあとすぐに、ご自宅や介護施設に戻ることに不安がある方が対象です。 入院後、病棟では「入院診療計画書」に基づき、 主治医・看護師・理学療法士・薬剤師・管理栄養士・医療ソーシャルワーカー等、 多職種が連携し在宅復帰に向けた支援を行います。

主な対象の方

① 入院治療により症状は改善したが、もう少し経過観察が必要な方
② 入院治療により症状が安定し、在宅復帰に向けてリハビリテーションが必要な方
③ ご自宅や介護施設等で、安心して生活するため
サポート体制を整える準備期間が必要な方
④ ご自宅や介護施設等で、体調が悪く病院での治療が必要な方
⑤ ご家族を支援するレスパイト入院の受け入れ
※ レスパイトとは…地域密着型の在宅支援病院である当院は、
ご家族が介護を続けられない期間をサポートする目的で、 短期間のレスパイト(休憩)入院で患者様を受け入れます

在宅地域連携

訪問診療

VISITING CARE

訪問診療とは

お一人で通院が困難な患者様のもとに医師が
定期的に診療にお伺いし、計画的に治療・看護・健康管理等を 行います。

ご自宅で安心した療養生活を送っていただくため、医師・看護師が24時間・365日
対応いたします。容態が急変し、医師が入院を必要と判断した場合、
当院での対応または連携病院を紹介しますので、ご安心ください。

訪問介護